梅雨の時期は、外に洗濯物を干せず、部屋の中に干す機会が増えてきます。
部屋干しすると、衣服から生乾きの嫌な臭いがして嫌だ・・・という経験はありませんか?

部屋干し用の洗剤を使ってもこの問題は解決できない、という声をよく聞きます。

生乾きの洗濯物が臭う原因は『雑菌』なんです。
洗濯物がしっかりと乾かずにそのまま時間が経過して、雑菌が繁殖してしまい嫌な臭いが生まれてしまいます。
また、洗濯をしても汚れが落ちきっていないことも原因です。

雑菌は湿気が大好きです!
これからの湿度の高い季節は、この雑菌との戦いになります。

さらに気温が上がって汗をかきますね。
その汗を含んだ服を放置することで、同様に嫌な臭いが生まれてしまうのです。

この雑菌は、水分があると活性化し、さらに汚れや皮脂などを栄養として活性化します。
だから生乾きの洗濯物は、この雑菌にとって最高の環境なんです。

では、どうするか・・・
そんな時は、除菌消臭アイテムの出番です!
除菌アイテムは、字の如く菌を除くことを目的としています。
なので、生乾きによって発生した雑菌をまずは取り除くことで、その臭いからの脱却を目指しましょう。

さらに、芳香をつけたい人、無香にしたい人、それぞれ好みがあると思います。
ただし、条件としては
「香りで誤魔化さない」
ということを鉄則とします。
なぜなら、香りは揮発するため、誤魔化すための芳香の場合は、除菌できておらず結局最終的に生乾きの臭いに悩まされることになってしまうからなんです。

ですので、誤魔化すための芳香ではなく、除菌をした上での芳香。
これを条件としましょう。

どんなアイテムがあるか、調べてみました。

①ファブリーズ あらいたてのお洗濯の香り

布に浸透して蓄積菌も除菌する優れもの。
タバコや体臭、焼き肉などの食べ物のニオイを消臭します。
「ファブリーズの中で一番のお気に入りが、あらいたてのお洗濯の香り」というクチコミ通りで、好き嫌いの分かれなそうな爽やかな香りが特徴です。
https://www.myrepi.com/brands/febreze/freshly-washed/

②リセッシュ 除菌EX

ニオイだけでなく、衣類についた菌・ウイルスまで撃退!と銘打っているだけあって、衣類についているウィルス99%除去に自信のある一品です。
生乾きの臭いについては言及されていないようですが、衣類の臭いと雑菌をとることが目的なので、生乾きにも有効なのかもしれません。
試してみる価値はありそうです。
https://www.kao.co.jp/resesh/ex/

③ファビュラスモア 200mlスプレーボトル(濃度100ppm)

ウィルスや菌、悪臭成分を瞬時に内側から分解して除菌消臭するファビュラスです。
アルコールでは除菌できない耐性の強い菌にも有効な次亜塩素酸水のファビュラスは、有機物を分解すると水に戻るため、空間噴霧もできる高い安全性を誇る除菌・消臭水なんです。
噴霧後、塩素のような臭いが一瞬ありますが、すぐに消え去り無臭空間が出来上がります。
悪臭を分解してくれるので、生乾きの臭いもこれがあれば安心ですね!
https://solal.shop/products/detail/63

④シェリスタ 除菌消臭スプレー

北海道オホーツク海産のホタテ貝殻のみを原料とした天然素材100%でつくられていて、合成界面活性剤・保存料・着色料・香料は一切使用していないというシェリスタ。
シェリスタの成分は貝殻焼成カルシウムという成分で、ホタテ貝の貝殻を1000度以上の高温で熱した後に加水した強アルカリ性(pH12.5)の水酸化カルシウムだそうです。
強アルカリ性はタンパク質を分解する性質があり、菌類を除去させることができるんだとか。
環境にも優しい成分なので、より安心して使用したいという方には良さそうです!
https://shellista.com/spray-250ml.html

選ぶポイントとしては、
香料・・・体の健康・安全を考慮するなら無香をお勧めします。化学物質過敏症の人が身近にいた場合はとても苦痛を与えてしまう香料の問題は、クリアしておきたい課題の1つです。

除菌力・・・菌・ウイルスをどの範囲まで除菌できるエビデンスがあるかどうかを調べた上で購入することをお勧めします。除菌と言っても、匂いの元を断つ除菌ではない可能性もあります。また、薄められていて除菌効果がないようなものもあるかもしれませんね!
販売元がどのような情報を提供してくれているのかをしっかり見てから選びたいものです。

成分・・・何で作られているのか、刺激はあるのかないのか、人体への影響はどうなのか、など配合されている成分を調べることをお勧めします。

これからの季節大活躍の除菌消臭アイテム、急いで準備しましょう!