次亜塩素酸水には優れた殺菌効果と高い安全性が備わっている事から、これを使用するご家庭も徐々に増加してきています。

この次亜塩素酸水には厚生労働省が認めた食品添加物であるという高い安全性に加えて、ウィルスや細菌などへの除菌効果があり、様々なシーンにおいてその優れた殺菌消毒・消臭効果が取り入れられています。

しかしこの最近耳にする機会も増えてきている次亜塩素酸水とはいったいどんな物質なのでしょうか?

こちらでは次亜塩素酸水についての基礎知識に加えて、その効果や取り扱い方法についてご紹介していきます。

次亜塩素酸水とは?

次亜塩素酸水とは洗浄や消毒に用いられる殺菌料であり、食品加工などの分野では食品添加物として扱われています。

専用の装置を用いて塩化ナトリウム水溶液・塩酸水・塩酸・塩化ナトリウムの混合液を電気分解することで作れますが、濃度に応じた適した使い方をする必要があります。

ウィルス&細菌に!次亜塩素酸水の高い殺菌力

次亜塩素酸の存在比率が高い次亜塩素酸水は、次亜塩素酸イオンと比較して80倍の殺菌力があります。

このような高い殺菌力を誇る次亜塩素酸水はどのようなウィルスや細菌に効果があるのでしょうか?

怖い細菌がほぼ1分で死滅

わたしたちの日常生活においては常に細菌との接触は逃れませんが、次亜塩素酸水は微生物などへの殺菌効果をもたらしてくれます。

次亜塩素酸水の殺菌効果を調べる実験では、サルモネラ菌・大腸菌・ガンジタ・緑膿菌・黄色ブドウ球菌・黒コウジカビなどの細菌類に微酸性次亜塩素酸水を入れたところ、なんとわずか1分(枯草菌以外)ほどでほぼ全滅したことが確認されています。

病原性であるウィルスにも効果をもたらします

病原性のウィルスに感染すると、インフルエンザやノロウィルスなどが体内に入り発熱・嘔吐・下痢・咳・だるさなど、体に様々な不調をもたらします。

このようなウィルスの感染はなかなか防ぐことが難しいのですが、次亜塩素酸水は病原性のウィルスを不活性化してくれます。

ヘルペスウィルス・インフルエンザウィルスに効果があり、特にノロウィルスにはそれらのウィルスよりも高い抗ウィルス活性が認められています。

悪臭をすばやく分解できる消臭スピード

次亜塩素酸水は、市販で販売されている消臭剤に含まれている次亜塩素酸ナトリウムの約80倍もの消臭スピートがあります。臭いを香りでごまかすのではなく、悪臭成分を分解することで消臭効果をもたらしてくれるのです。

アンモニア・トリメチルアミン・メチルメルカプタン・硫化水素などの悪臭成分を分解し、アンモニアの場合には触れると同時に化学反応を起こし、無臭のモノクロンに次亜塩素酸水は変化させてしまうのです。

濃度によって異なる次亜塩素酸水の使い方

次亜塩素酸水は、使用する目的によって濃度を調整する必要があります。

トイレやお風呂の清掃・ウィルスの除菌・ペットの消臭など用途に応じて適切な濃度の次亜塩素酸水を使うようにしましょう。

その際に目安濃度となるのはppmの値です。表示されているppmをよく確認しておきましょう。

次亜塩素酸水の濃度が400ppmの場合

400ppmと表示されている次亜塩素酸水は、家庭向けに販売されている中では一番高濃度の次亜塩素酸水です。この濃度の次亜塩素酸水は風呂場のカビ・ノロウィルス感染予防・トイレの便器清掃などに向いています。

高い濃度の次亜塩素酸水は高い殺菌力を持っていますので、ノロウィルスの排泄物やおう吐物を清掃する時のウィルスの感染を防いでくれます。

次亜塩素酸水の濃度が200ppmの場合

家庭向けに販売されている中では、やや高濃度の次亜塩素酸水になります。

200ppmの次亜塩素酸水は、台所のシンク・三角コーナ・生ゴミ・まな板・包丁・キッチン用布巾・エアコンなどの除菌や消臭に適しています。

使用する時には洗剤で清掃してから次亜塩素酸水を用いてください。汚れたままでは効果が発揮されません。

次亜塩素酸水の濃度が100ppmの場合

濃度の薄い次亜塩素酸水の100ppmは消臭スプレーとして使用するのに適した濃度です。

カーテン・トイレ使用後・タバコの臭い・げた箱・枕・布団・ペット・自動車内などの臭いの気になる場所に使用します。

次亜塩素酸水の取り扱い方法

ウィルスの殺菌や除菌、さらには消臭効果まで得られる次亜塩素酸水ですが、取扱いに際してどのような点に注意すると良いのでしょうか?

次亜塩素酸水の場合には、名称が似ていることからしばしば混同されがちですが実は全く異なる物質である次亜塩素酸ナトリウムとは全く違った取り扱い上の注意が必要となります。

【取り扱い方法】

  • 手に触れても問題ない
  • 特に取り扱いに注意しなくても良い
  • 日光のあたる場所に保管しない
  • 使用期限が短いので早めに使用する
  • 反応することで水になるのでふき取りなどの処分をしなくてよい

次亜塩素酸水は食品添加物になっているほど安全性が高いため、処分や扱い方にほとんど注意する必要がありません。

しかし、洗浄能力や効果の持続性がないので使用する際には、水拭きをしてから使用し消臭したい場合はその都度使用するようにしてください。

まとめ:取り扱いが安心な次亜塩素酸水でこまめな除菌・殺菌がおすすめです!

次亜塩素酸水の殺菌の効果・消臭効果・濃度によっての使用方法・取り扱い方法などについてまとめてみました。

次亜塩素酸水はハイターなどの刺激が強い次亜塩素酸ナトリウムとは異なり安全な物質であるため、使用に際して特に注意する必要なく除菌・殺菌・消臭等に高い能力を発揮してくれます。特にノロウィルスには殺菌能力が強いので欠かせない存在であると言っても過言ではないでしょう。

またウィルスの殺菌以外にも、家庭内のキッチン回りの除菌を始めとして、お部屋の消臭・トイレや風呂の除菌&消臭・ペットの消臭・自動車内の消臭など、次亜塩素酸水は気軽に使える除菌・消臭として幅広く活躍してくれることでしょう。

 

<参考>

消臭剤おすすめサイト

次亜塩素酸系消臭剤

 

【次亜塩素酸水の作り方】

こんなにすごい効果がある次亜塩素酸水

 

【備える.jp】

次亜塩素酸水を使う際の目安濃度・適切なppmについて

次亜塩素酸水の使い方・家庭における活用方法について