小さなお子様がいらっしゃるご家庭では、ウイルスや細菌の脅威には特に敏感になっていることでしょう。

体の免疫がしっかりと作られてくる6歳ころまでのお子様は感染症にかかりやすく、ただの風邪でも肺炎などに重症化してしまいやすい傾向があります。特に冬場はノロウイルス・ロタウイルス・インフルエンザなど、感染症の恐怖が目白押しで迫ってきます。

そんな怖いウイルスも、「次亜塩素酸水」で撃退できることをご存知でしょうか?次亜塩素酸水はアルコールよりも強力な除菌力を誇り、その上人体への安全性も高いとても便利なアイテムです。

その安全性の高さから空気清浄機と併用することで空間除菌まで行える次亜塩素酸水。この記事では次亜塩素酸水の特徴を解説し、空気清浄機としての利用方法についてご紹介します。

次亜塩素酸水の特徴

次亜塩素酸水は、食塩水か薄い塩酸を電気分解することによって生成されます。

次亜塩素酸水とよく似た名前の「次亜塩素酸ナトリウム」が塩素系洗剤に使われているのをご存知の方も多いでしょう。

次亜塩素酸ナトリウムも食塩水や塩酸を電気分解して生成されますが、出来上がった水溶液のpH(酸性~アルカリ性の指標)によって呼び名が変わります。つまり、中性~酸性の溶液は次亜塩素酸水、アルカリ性の溶液は次亜塩素酸ナトリウムになります。

次亜塩素酸ナトリウムを含む洗剤も除菌力を謳っているものが多くありますが、次亜塩素酸水の除菌スピードは次亜塩素酸ナトリウムの80倍も速いという実験結果が出ています。

そんな強力な次亜塩素酸について、まずはその効能にどういったものがあるかをご説明します。

次亜塩素酸水の有効性

次亜塩素酸水の有効塩素(除菌などに効果のある塩素)である次亜塩素酸(HClO)は、とても不安定な物質であるがゆえに有機物と速やかに反応して安定な物質になろうとします。

有機物と反応するとき、次亜塩素酸水は自身が持っている不用な酸素や塩素を押し付けて相手を酸化・塩素化させます。

この作用を利用することで、次亜塩素酸水には以下のような効能が期待できます。

除菌力

細菌やウイルスなどを酸化・塩素化させることで死滅させます。

ほぼすべてのウイルスや細菌に効果があると言われており、アルコールでは死滅させられないノロウイルスやセレウス菌などにも効き目があります。

次亜塩素酸水の除菌力は温度を上げると強くなり、たとえば40℃の次亜塩素酸水は20のときと比べて6倍もの除菌力を発揮します。

消臭力

嫌な臭いのもとになるアンモニアや硫化水素を分解します。臭いの原因を除去できるので、臭いのない空間をつくることも可能です。芳香剤などの強い香りが苦手な方にもおすすめです。

高い安全性

空間除菌に次亜塩素酸水を使うには安全性は特に気になるところでしょう。せっかくウイルスを死滅させても、呼吸で吸い込む空気の安全性に不安があっては生活ができません。

安全性が高いと評判の次亜塩素酸水ですが、具体的な例を以下に列挙します。

  • 少量であれば飲んでしまっても影響がない。
  • 発がん性が認められていない(次亜塩素酸ナトリウムは有機物と反応すると発がん性物質が出る)。
  • 中~弱酸性の次亜塩素酸水では手荒れも起きない。
  • 有機物と急速に反応するので、残留塩素が発生しない。
  • 金属がさびにくい。

少量の次亜塩素酸であれば体内に入っても問題はなく、そもそも有機物との反応が激しくすぐに無害化されるため、とても安全性の高い物質であるということがおわかりいただけるかと思います。

小さなお子様からお年寄りの方、体調の優れない方にも安心して使用できるため、次亜塩素酸水は保育園・介護施設・病院など、様々な施設で利用されています。

空間除菌での利用

次亜塩素酸水は使い方によって空気感染するウイルスの除菌も可能です。

次亜塩素酸水は用途によって適切な濃度が違いますので、使用の前にまずは濃度調整をしてください。人やペットに直接触れる空間除菌の場合は、50ppm程度が適切です。ちなみにppm(parts per million)とは100万分率の略語です。日常生活でよく使うパーセント(per cent)は百分率ですので、1%は10,000ppmになります。

濃度調整が済んだらいよいよ空間除菌の開始です。それでは次に、空間除菌に次亜塩素酸水をどのように使用するのか具体的に見ていきましょう。

スプレー

スプレー容器に次亜塩素酸水の原液を薄めて入れれば、手軽な除菌・消臭スプレーとして利用できます。濃度調整されたスプレーも販売されていますので、次亜塩素酸水をスプレーのみで使用する場合は既製品を購入されてもよいでしょう。

次亜塩素酸水は不安定な物質ですので、時間が経つと自然に分解が進んで効果が薄れてしまいます。大容量の原液を長期間保管するのは難しいので、スプレーを都度購入する方が安定したクオリティで空間除菌できるでしょう。

加湿器

次亜塩素酸水専用の加湿器を利用すれば、お部屋全体を手間なく除菌することができます。

通常の水道水を使用する加湿器に次亜塩素酸水を入れると故障の原因になりますので、必ず次亜塩素酸水専用の加湿器をご用意ください。

空気清浄機

通常の空気清浄機はフィルター越しに空気を吸い込んでホコリなどを除去しますが、このフィルターに次亜塩素酸水を使用して空気中のウイルスを除去する空気清浄機が販売されています。

普通の空気清浄機よりも集塵機能は落ちますので、除菌に特化した機械であると言えるでしょう。

このタイプの空気清浄機を使用している方からは、次亜塩素酸水の除菌・脱臭効果を即日実感できたという声も上がっており好評を博しています。

その強力な効果と安全性の高さから、次亜塩素酸水の空気清浄機は悪臭の発生しやすい病院や歯科医院、感染症の拡大が怖い保育園などの施設で大活躍しています。

まとめ

このように次亜塩素酸水は人体への影響を極力抑えて空気中のウイルスを撃退できます。安全・安心な生活環境・職場環境を整えるためにも、次亜塩素酸水の空間除菌の導入をご検討されてはいかがでしょうか。

 

<参考>

サイト名:次亜塩素酸水 JiAREX

記事名:次亜塩素酸水とは

 

サイト名:でんき材料のお店 ハッピー電気商会

記事名:ウイルス抑制に効く!ニオイに効く!次亜塩素酸で除菌・脱臭効果抜群!パナソニック空間清浄機「ジアイーノ」

 

サイト名:備える.jp

記事名:次亜塩素酸水を使う際の目安濃度・適切なppmについて

 

サイト名:次亜塩素酸水|ノロウイルス消毒・殺菌・除菌スプレーNo.1はコレ!

記事名:次亜塩素酸水を加湿器(噴霧器)に入れてもいい?オススメは?