インフルエンザが流行り、やっとインフルブームも終わりかと思うと今度は「花粉症」の季節がやってきます。

一体いつまでマスクを着けたまま外出しないといけないのか、、、
PM2.5での中国じゃあるまいしいい加減外で思いっきり深呼吸しながら歩きたい!!なんて言っていても仕方ないので今回は花粉症の被害を最小限に抑える対策をご紹介します。

 

おすすめ花粉症対策3つのポイント

① 花粉対策として一番大切なのは、花粉を部屋に持ち込まないこと!

外を歩いていると花粉はどうしても必ず付着します。
家に入るときに、洋服屋バッグなどに付着したものがそのまま持ち込まれることがあります。
ドアや窓の開閉時に入ってくる事もあります。

外から帰ったらブラシやコロコロで服についた花粉を落として、髪もくしでとかして、と対策をしている方も少なくないと思います。が、それでは完全に花粉を抑制することは困難ですよね。。。

先日の記事でもおすすめした、次亜塩素酸水のファビュラスは花粉のアレル物質も分解する作用が流ということで使用していますがこれが本当に効果があるんです!!
過去の参考記事:ファビュラスがおすすめな理由

花粉症は花粉が目や、鼻の粘膜にくっつくことで異物と判断し「追い出せ!!」と指示を出します!
それで涙や鼻水が止まらなくな流という原理です。

ファビュラスは、花粉タンパクをすばやく分解してくれます!
粘膜に付着しても身体は異物と認識をしなくなるのです!

② 花粉を分解・除去するなら、「ジーミスト」×「超音波式噴霧器」!

花粉を分解・除去するなら、ファビュラス(次亜塩素酸水)と噴霧器の組み合わせが効果的です!噴霧器により、部屋中に拡散したファビュラスが花粉タンパクを分解します。

その効果にくわえて、湿度により閉じ込められた花粉をエアコン自体の除湿作用で回収するというものです。

水の中に閉じ込められた花粉は、もう二度と飛び立つ事はできません。これで、快適な生活を過ごすことができますね!
ちなみに、ファビュラスが分解してくれるのは、花粉だけではありません!お部屋にこもりがちなニオイ・増殖しやすい菌の分解・除去にも活躍します。

ファビュラス専用の噴霧器はこちら

 

 

③外出時の花粉対策、「マスク」だけじゃ足りない!?

 

冒頭でも話しましたがこの時期、マスクをつけている方本当に多いと思います。
しかしそのマスクだけで本当に花粉を防ぐことができていますか?

花粉のサイズは30ミクロン(1mm3/100)。これなら、マスクで十分防げますが、花粉が飛んで人体に到着する頃には、もっと小さなサイズになっており、マスクをすり抜けて入ってくるのです(花粉症の原因物質「Cryj1」は0.7ミクロン。なんと1mm7/10000というサイズ。ちなみに、PM2.52.5ミクロン)。

お出かけ時は、マスクをファビュラスで湿らせることによって花粉タンパクをマスクでしっかりキャッチし分解させます。定期的にマスクにスプレーし、花粉をしっかりブロックしましょう!

以上、花粉症対策に有効な次亜塩素水のファビュラスを使った花粉症対策のご紹介でした。
皆さんもなんとかこの花粉の時期を乗り越え爽やかな季節を迎えましょう!!